金買取TOP > お役立ち情報 > ピンクゴールド買取価格・査定額について

ピンクゴールド買取価格・査定額について(指輪、アクセサリーの売却)

ピンクゴールドとは

ピンクゴールドとは何でしょうか。

婚約指輪などを購入、あるいはプレゼントされた方であれば、金の中でもホワイトゴールドなども

含めていろいろな種類があることを知って驚かれたかもしれません。

一般に18金と呼ばれるものは、金の比率が75パーセントで、残りはシルバーや銅で構成されています。

ピンクゴールドとは、金以外の部分において、銅の比率を上げた合金のことを指します。

柔らかすぎる24金に比べると、ピンクゴールドはジュエリーなどに用いやすいため、買い取り価格も

安定しています。

淡くカジュアル色が強いために女性からの支持を集めており、東洋人の肌の色にもマッチすることでも

知られています。

ピンクゴールドの買取価格について

金は基本的に24金でも10金でも売れるのですが、中でも18金の売値が魅力的になっている買取専門店が

多くあります。

それだけ価値があるというよりも、売りやすい、つまり需要があるからです。

18金は高級感、耐久性の面で非常にバランスが良く、ジュエリーなどに用いられています。

その中でも、ピンクゴールドは銅の比率が高めになっていることから鮮やかな色合いが魅力的で、女性の

人気を集めています。

その分だけ、買い取り業者の側からしても魅力的な商品なのです。

競合店がひしめくようなエリアでは、ピンクゴールドの買取価格を強化して、少しでも多くの商品を

持ち込んでもらおうと努力しているほどです。

基本的にピンクゴールドは高く売ることができるのですが、残念ながら変色しやすい性質を持っている

ため、手入れの仕方によってはデザインとしての査定額が下がってしまうかもしれません。

そのような意味では、お店によって査定が異なり、買取価格に差が出ると誤解されやすい金属であると

言えます。

※当店では変色によって査定額が下がることは御座いません。

身近なピンクゴールドの製品、特長

ピンクゴールドは、その独特の輝き、耐久性などからジュエリーに使用されています。

指輪やネックレス、リング類などでは女性物をよく見かけますが、最近では男性用のアクセサリーにも

ピンクゴールドが使われている場合があります。

その特徴としては、加工しやすいということに加えて、銅が金に混ざっているため、赤みがかった絶妙な

色合いが出る点です。

気を付けなければならないのは、銅の部分が参加することによって変色を招きやすい点です。

手入れをしっかりしないと買い取り価格に影響してしまいます。

需要が大きいため、売れる金の代名詞であるピンクゴールドですが、希望の売値で売るためには、良い

程度に保つ必要があります。加えて、高価買い取りをしてくれるお店にお願いしましょう。

ご注意下さい 不審な電話・訪問買取についてお気をつけ下さい
金・プラチナ・1g辺りの買取価格を公開中
ダイヤ買取価格表で買取価格わかります
宝石ジュエリー地金も高価買取
ロレックスなど高級時計を高価買取
シャネル・ヴィトン ブランド高価買取

メインメニュー

Copyright(C) And Conpany Co.,ltd All Rights Reserved.