金買取TOP > お役立ち情報 > ソブリン金貨について

ソブリン金貨の買取値段・相場

ソブリン金貨とは

ソブリン金貨とは、イギリスで古くから作られている金貨です。日本名では、「ソブリン」以外にも

「ソベリン」や「ソボレン」と呼ばれることもあります。

この金貨の特徴は、現在でも、イギリスの1ポンドの法定貨幣となっている点です。

為替レートによっても変動しますが、2013年6月現在で、1ポンドは日本円で150円前後と

なっています。

もちろん英国で、ソブリン金貨を「1ポンド」として利用することも可能ですが、実際には、金貨に

「1ポンド」という表記はなく、投資用の金貨と同じように扱われています。

1917年までは、イギリスにて実際に流通するお金として製造されていたのですが、1974年からは完全な

「投資向け金貨」として製造、販売されています。1ポンド以上の価値がある金貨を、素直に「1ポンド」

として利用する人がいないのは、当たり前のことだと言えそうですね。

またソブリンの1ポンド金貨は1980年以降ペンダントトップとしても好まれました。

重さ7.98グラムで直径が22.0ミリという大きさもあり、首元を飾るのに適していたのでしょう。

またエリザベス女王の絵柄が愛されたという理由も考えられます。

ソブリン金貨の価値

英国の金貨の歴史は古く、同じ金貨でもその絵柄や製造場所によって様々な種類があります。

例えば、オーストラリアのメルボルンで製造された、通称「オーストラリア」は、英国で製造された

ものと、品位、純度などは変わらないもののデザインが違うものがあります。

通常の金貨よりも高い価格で販売されていることも多く、「価値が高い」と言えそうです。

古ソブリン金貨の中には、年号によって非常に価値の高いものもあります。

1819年、1828年、1841年、メルボルンで作られた1875年、オタワで作られた1908年などは、

特に高価格で取引されている金貨です。

買取本舗七福神ではそうした古いものも、定番の1981や1982も買取させていただきます。

ソブリン金貨の買取相場

ソブリン金貨には、1ポンド金貨以外にもいくつかの種類があります。

金貨に額面は入っていないのですが、重量と大きさによって額面が表されています。

一番大きなものは、5ポンドの金貨で重量が39.9グラム、直径が36.2ミリです。

品位は916/1000で、22金となります。セットになっていることも多いのですが、5ポンドの金貨単体

での買取価格の相場はおよそ15万円程度となります。

もちろん、この相場は、金取引価格によって左右されるので、買取をお考えの際にはご相談ください。

当店にも1981や1982の1ポンド金貨買取依頼を多くいただきます。

2013年6月現在での買取価格の相場は、日本円でおよそ3万円前後となります。

ご注意下さい 不審な電話・訪問買取についてお気をつけ下さい
金・プラチナ・1g辺りの買取価格を公開中
ダイヤ買取価格表で買取価格わかります
宝石ジュエリー地金も高価買取
ロレックスなど高級時計を高価買取
シャネル・ヴィトン ブランド高価買取

メインメニュー

Copyright(C) And Conpany Co.,ltd All Rights Reserved.