金買取TOP > お役立ち情報 > 金相場の特徴

金相場の特徴

「モノ」でありながら「世界中に通用するおカネ」という普遍的な価値を持つ金の取引は

世界中の取引所で行われておりますが、金の価格の指標的市場としての地位を確立しているのが、

ロンドン・ニューヨーク・香港・チューリッヒの4つの市場で、

世界の4大金市場とも呼ばれています。

その中でもロンドンは金の現物取引の中心で、現物価格はロンドンの金市場で1日2回値決めされる価格が

指標になっています。一方、先物市場の中心ははニューヨーク市場になります。現在では先物市場のほう

が市場規模が大きいので、ニューヨーク市場が価格全体をリードしているといえます。

金の価格相場の変動は非常に特殊と言われており、国際情勢、株式・債券動向、ファンドマネー

や年金動向、アジアや中東地域での消費・投資動向など様々な要因が関わってきます。

ですので、金の取引を行う場合は世界で起きている政治・経済・社会情勢に常にアンテナを張っている

ことが非常に大切です

(金レートの動向を把握できれば世界が見えるといわれるほどです)。

価値がなくなると紙切れ同然となる株や債券と違い、金は価格が変動することはあっても、

価値がなくなるということがありません。

世界中だれでもその価値を認識し、無国籍通貨とも呼ばれている実物資産の金の相場は

今後もますます活発的になっていくでしょう。

ご注意下さい 不審な電話・訪問買取についてお気をつけ下さい
金・プラチナ・1g辺りの買取価格を公開中
ダイヤ買取価格表で買取価格わかります
宝石ジュエリー地金も高価買取
ロレックスなど高級時計を高価買取
シャネル・ヴィトン ブランド高価買取

メインメニュー

Copyright(C) And Conpany Co.,ltd All Rights Reserved.