金の買取TOP > お役立ち情報 > 金・プラチナの売却と税金

金の売却の際にはどのような税金がかかるのでしょう。

金の売却時にかかる税金

一般の方が所有する金・プラチナを売却し、50万円以上の利益が出た場合、譲渡所得として

所得税がかかります。

税金控除の措置がありますので、ここではその計算方法をお伝えします。

所得税の計算方法

所有権が5年以上と5年以下で控除額の計算方法が変わってきます。

■購入後5年を超えての売却

売却金額-(取得金額+売却費用)=売却益

(金の売却益+金以外の総合課税の譲渡益)-特別控除50万円=譲渡所得

譲渡所得×1/2=課税される譲渡所得

課税される譲渡所得×税率-控除額=納税額

■購入後5年以内の売却

売却金額-(取得金額+売却費用)=売却益

(金の売却益+金以外の総合課税の譲渡益)-特別控除50万円=譲渡所得

課税される譲渡所得×税率-控除額=納税額

※購入後5年以上と以下の金の売却益がある場合には特別控除額は両方合わせて50万円です。

5年以下の売却益から先に控除します。

【所得税の税率と控除額の早見表】

額面年収            税率  控除額

195万円以下           5%   0円

195万円を超え 330万円以下   10%  97,500円

330万円を超え 695万円以下   20%  427,500円

695万円を超え 900万円以下   23%  636,000円

900万円を超え 1,800万円以下  33%  1,536,000円

1,800万円超           40%  2,796,000円

納税額計算例

年収500万円のDさんは2006年に金を500万円で購入し、2013年に売却費用込みで1,500万円で

売却しました。

金以外の総合課税の売却益はありません。

15,000,000円 - 5,000,000円 = 10,000,000円

10,000,000円 × 1/2 = 5,000,000円

5,000,000円 × 20% - 427,500円 = 572,500円

ご注意下さい 不審な電話・訪問買取についてお気をつけ下さい
金・プラチナ・1g辺りの買取価格を公開中
ダイヤ買取価格表で買取価格わかります
宝石ジュエリー地金も高価買取
ロレックスなど高級時計を高価買取
シャネル・ヴィトン ブランド高価買取

メインメニュー

Copyright(C) And Conpany Co.,ltd All Rights Reserved.