金買取TOP > お役立ち情報 > 金の売却と支払調書

支払調書とはどのようなものなのでしょうか。

支払調書とは

支払調書とは報酬、給料、不動産などの使用料などの支払者が支払明細を記載して税務署に

提出する書類のことをいいます。

2012年1月1日から200万以上の金地金を買取った際は、金地金等の譲渡の対価の支払調書の

提出が義務付けられました。

これには今迄金地金の所得税申告漏れが多かったという背景があります。

その支払いが確定した月の翌月末日までに買取業者が税務署に申告しなければなりません。

そしてお客様に対して事前に、「本人確認書類の提出を受けること」を義務付けられています。

結果的に本人確認書類の提示がないと金の売却は難しくなっています。

支払調書には住所、氏名、金地金等の種類、重量、数量、支払金額、支払確定年月日が記載されます。

支払調書についての注意点

支払調書についていくつか注意点があります。

①同日に200万円以下の金を複数購入して、総額が200万円を超えた場合も支払調書には総額が

記載されます。

②売却者が法人の場合は支払調書の提出はおこないません。

③売却金額が200万円以下で支払調書が発行されなかったとしても譲渡所得の申告が必要な場合が

あります。

(計算方法はこちらのページへ)金の売却と税金

④金を購入する際には必ず領収書を残しておきましょう。理由としては、譲渡所得申告の際に

購入価格が不明な場合は、売却額の5%を取得価格とすることになっていますので、納税額が

高くなってしまう可能性があるからです。

支払調書を受け取ったら

支払調書を受け取ったら税務署に申告しているということになりますので、支払調書に基づいて

確定申告をしましょう。

確定申告時に支払調書を同時に提出する義務はありませんが、そうしている方は多いです。

支払調書は確認程度と考えておくとよいでしょう。

ご注意下さい 不審な電話・訪問買取についてお気をつけ下さい
金・プラチナ・1g辺りの買取価格を公開中
ダイヤ買取価格表で買取価格わかります
宝石ジュエリー地金も高価買取
ロレックスなど高級時計を高価買取
シャネル・ヴィトン ブランド高価買取

メインメニュー

Copyright(C) And Conpany Co.,ltd All Rights Reserved.